«

»

3月 04

引越しのお手伝い?

みなさん、こんにちは。

ソフトテニス競技担当のAです

 

先日、息子が寮からアパートへ引越しということで、自家用車で千葉まで行ってきました。

車の運転は嫌いじゃないので、元気に出発しましたが、戻ってきた時は、さすがに疲労困憊って感じでした。

 

私は高卒なので、大学生活というものを知りませんが、大学生としての勉強と部活動、週末のお付き合い等、ある意味、社会人よりハードな面があるのではないかと思うスケジュールでした。

自由気ままに生活している私だから、特にそう思ってしまったのかも知れません。

 

息子が一人暮らしをする部屋を見て、私が上京した時を思い出しました。

会社の寮でしたが、管理人さんは優しく、遅刻しないよう毎朝部屋をノックしてくれたり、先輩方と飲みに行ったり、マージャンしたり、首都高ぶっ飛ばしたり、たくさんの思い出を四畳半一間の部屋で経験してきました。

今は息子が、これから経験していくんだなと思うと、期待と不安はあるものの、「がんばれ」と声をかけたくなります。

 

我がソフトテニス会員のみなさん、今は何も感じず、普通に親の愛を受けていると思いますが、そのうち愛の深さや優しさが、身に染みて感じる時が来ると思います。

今は、今のままでいい、テニスコートに来たら、たった2時間の練習、気合い入れていきましょう。それが、感謝の印になるから。

 

シーズンインまであと少し。泣いても笑っても、時は経過していきます。

うれしい涙を流し、満面の笑みができるよう、「さあ、みんなで頑張ろう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。