「健康まつり」とうれしいこと

11月18日(日)、五戸町主催による「認知症セミナー&健康まつり」に、スタッフとして参加しました。

健康まつりは、昨年の「五戸町健康宣言」を受けて、健康に関するいろいろなコーナーを設けて、参加者がそれぞれのコーナーで体験するものです。

今年度は、東北メディカル学院の2年生全員がスタッフとして参加し、いろいろな項目の体力測定を実施して、とても賑わっていました。どんなものをやっていたのか見たかったですが、私たちの体組成計での測定コーナーも賑わい、他のコーナーはほとんど見られませんでした。

 

リフレッシュ健康体操にいつも参加している方で、70代後半の女性は、

「年齢をごまかしていませんか?絶対、ありえない!」

と、学生スタッフさんに言われたそうです。体力があって若いから、とてもビックリされたそうです😳

 

ほかにも、体操教室に参加している方々は、

「すごい!」

とか

「若い!」

とか、たくさんお褒めの言葉を言われて、とても喜んでいました😊

自分が実感できることもうれしいですが、そのうえ褒められたらますます上機嫌😀⤴⤴⤴

 

 

 

 

 

数日前、火曜日と木曜日に体操教室に参加してくださっている参加者が、

「40年間いつも痛かった背中の痛みが、2年間この体操教室に通ったら、痛みが全く無くなった!!」

と、嬉しそうに話してくださいました。

 

 

運動が大事なことは誰でもわかっていることかもしれません。でも、なかなか続けられない…

 

続けていくことが体によいことは、続けた方が一番わかっているんですよね~👏

 

 

体操教室のおかげとよく言われますが、

 

「本人が続けてがんばったお陰です!!!」

 

と、私は言います。

 

 

やっぱり喜びの声をいただくとうれしく、一緒に体操をがんばろう!と思う今日この頃です。

 

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。